ブラックリスト

個人信用情報機関ではある一定期間支払いが滞ったユーザーに対して「延滞」「事故」「異動情報」と呼ばれる特別な情報を記録し5〜7年間保存します。

 

消費者金融は借入れの申込みがあると必ず個人信用情報機関に照会する決まりになっていて、照会した際にこれら延滞などの情報が判明した場合はほぼ100%融資をしません。

 

このように延滞情報が記録されている状態を通称「ブラック」と表現することが多いため「ブラックリストに載った」という言い回しが使われるようになり、そのような言い方が一般化しました。

 

どのくらい支払いが遅れたらブラックリスト扱いになるのか?
本来の支払い予定日から三ヶ月間支払いが遅れた時点で延滞扱いブラックとなり個人信用情報機関にブラックリストととして登録されます。

 

延滞の後に支払いをすると延滞情報は消える?
延滞後に支払いをして完済することを「延滞解消」といいます。しかし延滞解消の事実は一年間記録として残りますが延滞情報ブラックリストは登録されてから最低5年間は参考情報として残りますのでこれら参考情報が消えない限り延滞と同じ扱いを受け審査は通りません。

 

自己破産はどうなるのか?
自己破産、失踪宣告、民事再生手続きを受けた場合は10年間消えません。消費者金融にとって自己破産は最も許されない行為としてとらえてます。

 

就職や家族の影響は?
個人信用情報が就職時の身辺調査に使われることはありません。唯一警察が刑事事件の容疑者の身辺を調べる時には情報を提供することがあります。

 

また同居家族の中にブラックリストがいた場合は消費者金融の審査が通らなくなる可能性が極めて高いです。