キャッシングは融資を受けること

キャッシングは、主に消費者金融やクレジットカードの信販会社などから受ける融資のことを指します。

 

クレジットカードのキャッシングについては、基本的にはクレジットカードを申し込む際に、ショッピング枠とは別に、キャッシング枠を申し込み、キャッシング枠の審査が通ると、利用することが出来る融資となっています。

 

そして、消費者金融から借入を行う、キャッシングは基本的に申し込みをしたその日に審査が完了するのが特徴ですので、急に現金が必要になり、お金を借りなければならなくなったという場合にとても便利です。

 

大手の消費者金融といえば、プロミスやアイフル、アコムやレイク、モビットなどが有名ですが、これらの消費者金融で借入をするならば、必要なことが2つあります。

 

それは、「安定した収入を得ていること」と「20歳以上であること」の2つです。
他にも、必要書類などで、本人確認書類などが必要になりますが、20歳以上なら、運転免許証や健康保険証があるというのが当たり前ですので、問題ないでしょう。

 

消費者金融からキャッシングを利用する手順としては、以下のようになります。

 

  1. 申し込みをする
  2. 審査を受ける
  3. 審査に通過すれば、融資が受けられる
  4. 融資を受けた分を、毎月少しずつ返済する
  5. 完済

 

という流れになります。
主に注意しなければならないのは、審査のポイントと、返済計画の2点となり、返済時には、毎月少しずつの返済で構わないので、生活が破綻するというレベルの返済は求められません。

 

例えば、10万円の借入をしたとしても、毎月5,000円程度の返済が出来れば問題ありません。
毎月5,000円ずつ、20回程度の返済となるので、約2年間かけて返済するということになります。

 

そして、利息が掛かるのがもったいないと感じる方は、余裕があるときに、全てを返済することで、少ない利息で、借入金を返済することが出来ます。

 

消費者金融への返済では、毎月の最低返済金額が定められているだけで、それ以上の返済をすると、総額の利息が少なくなるということになるので、利用者としても、とても楽なキャッシングシステムとなっています。

 

キャッシングの際に、注意することは「安定した収入が得られる仕事をしているかどうか」ということになります。

 

これは、一般のサラリーマンやアルバイト、パート、派遣社員などであっても問題ありませんが、例え高収入を得ていても、「安定していない仕事」の場合は貸し出しを断られることがありますので、注意するようにして下さい。

 

安定した仕事であると証明するのに必要な書類が、源泉徴収票であったり、納税証明書などの公的な書類となります。

 

これらの書類があるだけでも借入がしやすくなるので、キャッシングを利用しようと考えている方は、このような書類を用意してから申し込みを行うようにした方が良いでしょう。