キャッシングの返済方法

消費者金融からキャッシングをすると、その後は返済をしなければなりません。
その返済方法について紹介していきます。

 

キャッシングの返済方法としては、下記の方法がありますので、それらの方法を個別に紹介していきます。

 

銀行から返済する

キャッシングを利用し、返済方法として銀行から返済をするという方はとても多いです。
銀行での返済方法としては、「振込」と「引き落とし」の2つの方法があります。

 

まず、振込についてですが、これは銀行のATMや送金システムを利用して、消費者金融に返済金を送るということになります。
この方法では、毎月指定日に銀行に行き、送金をしなければなりませんが、引き落としのシステムを利用すると、銀行に行く手間が無くなり、振り込み手数料なども掛からなくなるので、銀行から返済をする方は、こちらの方がオススメです。

 

ただし、引き落としを利用する方は、予め消費者金融会社に口座登録をしなければならないので、その手続きを忘れないようにして下さい。

 

コンビニATMから返済をする

キャッシング会社への返済を、コンビニATMから行うという方はとても多いですが、全てのコンビニATMで、返済ができるということではありませんので、注意して下さい。

 

必ず、借りた消費者金融に対応しているコンビニATMかどうかということを確認して下さい。
消費者金融によって、提携しているコンビニATMが異なりますので、近所のコンビニで返済すれば良いと考えていると、そのコンビニが対応していないこともあります。

 

コンビニからの返済では、手数料が掛かりますので、長期の返済になる場合だと、銀行からの引き落としにするか、直接店頭に赴いて返済する方がいいでしょう。

 

無人契約機や店頭で返済をする

無人契約機や店頭で、返済をするという方には、1つのメリットがあり、それは、「手数料が掛からない」ということです。
コンビニATMや銀行からの返済では、どうしても手数料が掛かってしまいます。

 

これは、1回の返済につき100円〜200円というものですが、毎月その手数料が掛かっていると、年に1,000円〜3,000円程度の無駄な出費となってしまいます。

 

消費者金融で借りた金額を、1回や2回の返済で完済するのなら、それぐらいの手数料は問題ないかもしれませんが、長期の返済となってしまうと、それだけで大きな金額になってしまうので、無駄なお金は消費しないことが一番ですので、出来る限り無駄な手数料は掛からないようにした方がいいでしょう。