キャッシング一本化のメリットデメリット

最近は、貸金業法が改正され、総量規制が変更されたことで、今までのように、キャッシングを利用することが出来なくなり、一本化の「おまとめローン」を利用するという方が多くなっています。

 

おまとめローンを利用することのメリットとしては、下記のポイントが挙げられます。

 

  • 借入先を1つにすることで、返済に掛かる時間や手数料を減額できる
  • 多くの借入を1つの消費者金融に纏めることによって、利率の引き下げが出来る

 

という2つのメリットが挙げられます。

 

一本化する前は、複数社(4〜5社)から借りているという方が多いため、毎月、返済に追われていて、手数料だけでも、月に1,000円近く掛かっているという方も多くなっています。

 

そのため、一本化することが出来ると、月に1度の返済で対応することが出来ますし、利率も下がるため、その分、早く完済することが出来るのでオススメです。

 

ただし、メリットだけではなく、デメリットも存在します。

 

このデメリットは、人間性による部分が大きいのですが、おまとめローンを利用される方というのは、少なくとも3社以上から借入をしている方が条件となります。

 

その「複数の会社から借りている」ということが問題なのですが、複数の会社から借りている人というのは、「自己管理が出来ない人」というイメージが多く、おまとめローンで、一時的に他社のローンを完済後、その場で新たに借入をするという方が多いです。

 

そうなってしまうと、一時的に一本化してまとめているのにも関わらず、借入金額が2倍に膨れ上がってしまうために、今まで以上に生活が苦しくなるという方も少なくありません。

 

おまとめローンを借りるためには、条件というものは殆どありませんが、「複数の消費者金融から借入をしている」ということと、「安定した収入があり、返済するだけの余力がある」ということが条件となります。

 

特に、「このままの返済では、いずれ家計が破綻するから、一本化をして楽になりたい」という方が審査に通りやすいような気がします。

 

現在、おまとめローンや借り換えローンによる一本化は、大手の消費者金融ならどこでも行っているサービスとなっていますが、今まで利用したことが無い消費者金融に、おまとめローンの申し込みをするよりも、長い期間、キチンと返済を続けてきた消費者金融に、おまとめローンの申し込みをした方が、審査に通りやすくなっています。

 

というのも、長い間返済を続けてきたことによって、信用ができているので、その分だけ審査に通りやすいということになります。