借入限度額

借り入れの金額は金融会社によって違いますが借り入れ可能な金額は「借入限度額」と表現されます。

 

キャッシング借入限度額はキャッシングを利用していく上できちんと確認をしておく必要性があります。

 

現在は貸金業法が改正され、総量規制が導入されています。総量規制では年収の3分の1以上の借入は原則禁止となっていて、それ以上の借入は法律違反になります。

 

総量規制は基本的には消費者金融などの貸金業者が対象とされている法律であり、銀行などの金融機関からの借入は対象外になっています。

 

個人でのキャッシングということであれば、年収が限度額を決定していくことのポイントになります。それぞれのキャッシング業者によっても限度額は決まっています。

 

楽天銀行スーパーローンでは最高でも500万円、プロミスは300万円、オリックスVIPカードのように800万円の上限額があるキャッシングもあります。

 

キャッシング業者によって限度額は決まっていますが、50万円〜800万円くらいの間の所が多いようです。キャッシングの上限額が大きな所ほど審査が厳しいという部分もあるので、キャッシング業者を選んで申し込む際にも基準に出来るポイントです。

 

キャッシングは法律によって様々なルールが定められています。総量規制のように借入金額の限度を決めておくことによって、今まで多くあった借り過ぎによって起こるトラブルを未然に防いでいくという狙いがあります。

 

キャッシングは明確なルールを制定することによって安全なものになりました。

 

キャッシングの借入限度額があることによって業者にとっても利用者にとっても健全なキャッシングが可能になっています。

 

銀行系キャッシングローンは比較的大きな金額を貸してくれる所が多く、限度額の考え方もノンバンクのローンよりは緩いものになっています。

 

基本的に最初は年収の約10%くらいに設定されますが限度額なので最初から全て貸してもらえるとは限りません。初めての申し込みで借り入れ出来るのは100万〜200万までが相場です。

 

また50万以上の借り入れには収入の証明が必要になるのが一般的です。