キャッシングサイトの見分け方と選び方

広告には必ずその会社の登録番号というものがあります。
(※これがなければ駄目な会社です)

 

登録番号が、(?)○○○○○となっていると思います。
(?)の中の数字が、最低でも2以上になってる所を選びましょう。

 

これは、登録回数です。

 

1ならば初めて登録した会社。

 

設立したばかりで実績が全くなく、詐欺の危険性があるので注意してください。過剰融資というのを聞いたことがありませんか?これは、意外とどこにでもあるものなんです。

 

例えば、申し込んだ額よりも多い限度額を設定される。これはもう過剰融資です。こうなるとどんどん金額が上がり、気付かないうちに返せないほどの額に…なんてことになってしまいます。
(普通、新規契約時の増額判定期間は最低でも6ヶ月は必要)

 

何故そんなことが起こるかというと、職業でランク付けされていて、各ランクで貸し出し限度額が決まっているからなのです。ランクの高い職業の人を上客といい、餌食にされる可能性が高いので気を付けてください。

 

後は、無知な人も上客になります。

 

借りる前にたくさん調べて、確かな知識を持ちましょう。申し込みをした後や、返済が滞った時にかかってきた電話の相手は必ず確認が必要です。違う会社からの電話の場合があります。

 

その際、勝手に申し込みされることがあるので要注意。覚えのない電話に中途半端な返事をしないように。

 

契約する会社を決める際のポイントとして、審査が甘く借りやすいというのが始めに浮かぶと思うのですが、借りやすいということは、何かしらの理由がありますし、いくら審査が甘くても一度に何社も申し込んでいれば自動的に落とされてしまいます。

 

金利が低い所というのも選ぶポイントとなってくると思うのですが、その際、自分にとってどれだけ利便性に長けているのか?ということを考えて下さい。そして、出来るだけ自宅や職場の近くだ返済出来るところにしましょう。

 

何故なら、もしもの場合でもすぐにお金を振り込めるからです。

 

遠いところにして、行けなくて返済が滞った場合、ブラックリストに載る可能性が出てきます。ブラックリストとは、融資を申し込むと必ず信用情報の照会というものを行います。これは、いくら借りているか?どこに申し込んだか?返済はどうなっているか?という確認です。

 

今は全て情報として記録されています。貸主と借主との会話や、借主の行動など。貸主に電話した内容なんかもきっちり記録されています。例えその内容が返済日はいつか?という簡単なものであっても。そうならないためにもしっかり自分に合った所を探さなければなりません。

 

たくさん申し込むと落とされる、一社ずつ待つのも時間がかかる。という場合に、ノーリスクで審査結果がわかる一括審査というものがあります。一括審査は、複数の会社の審査に通過出来るかどうかを事前にチェック出来るものです。

 

しかも、本来ならブラックリストに載ってしまうであろう3社以上の会社の審査が受けられます。そして、その審査結果が悪くてもブラックリストに載ることはありません。

 

つまり、一括審査を受けてから通過した会社に本審査をしてもらえばいいのです。これらを踏まえた上で自分に合った所を見付けて下さい。