消費者金融モビット

モビットの説明ページです。貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。

 

モビットは、収入が安定している20歳以上65歳以下の方が受けられるキャッシングサービスです。
モビットでは、申し込みが簡単にできます。

 

パソコン・携帯・スマートフォン・電話・FAX・郵送・ローン申込機。
上記の6つのいずれかで、申込・契約をします。

 

その後、審査内容がそのとき登録した連絡先に連絡されます。そして、郵送・ローン申込機での受け取りを選択し、カードを発行してもらいます。
※ローン申込機を利用し、申し込んだ場合は、その場でカードが発行されます。

 

そしたら、モビットが利用可能。
カードを受け取り後、契約書類などが郵送で送られてくるので、入会申込書に記入をし、返送します。なお、カードの受け取り方法を郵送にした場合、このとき、一緒にカードが送られてきます。

 

利用限度額は、最大500万円。
その中で審査された結果、借り入れることが可能になった金額が、極度額(利用可能額)として、利用が可能です。

 

また、極度額内の利用可能額は、何度でも借り入れ・返済が可能です。

 

例としては

極度額・50万円借り入れ可能で、現在、15万円借り入れ中。
その後、10万円追加で借り入れし25万円借り入れ中。利用可能額・25万円。
翌月、8万返済。借入額利用可能額・33万円。

といったような形で、何度でも借り入れが可能です。

 

この方法を利用して、無理することなく、借り入れ・返済をしていきましょう。

 

モビットの金利・手数料

キャッシングサイト・モビットでの金利は、次のようなものになっています。

 

実質年率 4.8パーセントから18.0パーセントまで。
上記の間で、利用金利が決まります。

 

金利の計算の仕方は、借入残高×実質年率÷365日×返済期日までの日数で求めます。
実質年率18パーセントで、10万円を30日(約1ヶ月間)利用した場合の金利は、1479円になります。
※100,000×0.18÷365×30で計算した場合。

 

また、うるう年の場合は、365日が366日になり、計算されます。
※上記の例で言うと、100,000×0.18÷366×30になるということです。

 

手数料は、無料です。
入会金も年会費も完全無料で、モビットは利用できます。

 

実質年率の最低設定が低いため、より借りやすくなっているのではないかと思います。
いくら実質年率が低いからといって借りすぎると、払えなくなってくるので、その点は頭に入れて、考えながら、利用しましょう。
自分にも無理の無い返済プランで利用すれば、無理なく続けることが可能になります。
なので、ちゃんと考えて利用することが第一です。