キャッシング申込みの大まかな流れ

キャッシングを利用する際に、申し込みの手順や、借入ができるようになるまでの流れについて紹介していきます。

 

店頭から申し込みをする場合

キャッシング会社の店頭から申し込みをする場合は、予め、本人確認書類が必要となります。

 

そして、50万円以上の借入を希望するか、他者での借入総額を合わせて100万円以上の借入がある場合には、収入証明書の提出を求められることになるので、こちらの書類も用意してから申し込みをしなければなりません。

 

店頭での申込の場合は、申し込みから審査までをその場で行ってもらえるので、借入までの時間が一番短縮される方法となっていますが、店頭が近くに無かったり、無人契約機が無いという状況では、店頭での申し込み方法が利用できないという方も多いかと思われます。

 

そのような方には、電話での申し込みや、インターネットからの申し込みができます。

 

電話から申し込みをする場合

電話からの申込の場合は、借入をしようと思っている消費者金融のコールセンターに電話をかけ、手順に沿って、申し込みを完了させます。

 

そして、申し込みの際に必要な書類については、FAXやメール等で発送するか、店頭や無人契約機にて提出するというのが一般的な流れとなっていますが、そのどちらの手段も選べないという場合には、郵送などでコピーを送るということも出来ますので、どれかの手段を使うようにして下さい。

 

電話から申し込みを行うと、その場で審査を行うことも出来るので、店頭での申し込みに比べると融資までの時間が長くなりますが、申し込みをした当日に融資を受けることも可能ですので、急いでいる方は、電話からの申し込みをするというのも良い手段です。

 

インターネットから申し込みをする場合

最近、スマートフォンでもインターネットが楽しめるようになってきたので、消費者金融に申し込みをする際にも、インターネットから申し込みをするという方が増えてきています。

 

そして、インターネットから申し込みをする際には、消費者金融の公式サイトにアクセスし、そこから、申し込みをします。

 

申し込みの完了後、希望の連絡時刻を記入する欄がありますので、その時間になると、申し込みをした電話番号に連絡が来ますので、その時から審査が開始され、審査に通過すると、融資が受けられるようになります。

 

融資を受ける際には、店頭か無人契約機のATMから借入をすることになるのですが、その際に、会員カードのあるサービスでしたらこの時に一緒にカードも送られてきます。キャッシングカードを受け取り、そのカードを使って、借入や返済をするということになります。

 

大体このような流れがネットでのキャッシング申込の流れです。ご利用の際には必ず各サービス会社のHPをよくお読みになってから確認してくださいね