キャッシングで審査に落ちる時

キャッシング審査に落ちる場合は次のような事があげられますので借り入れする時はチェックしときましょう。

 

他社借入れ件数オーバー

どの業者も「他社借入れ何件までOK」という審査基準が必ずあるのですがユーザー側がこれを知らないばかりに申込むべき消費者金融を間違ってしまうのです。どの業者が何件まで借りていてもOKなのか知っておくとスムーズに確実に借りることができます。

 

年収・勤続年数・居住年数

キャッシングの審査は最低条件として年収200万以上、勤続年数6ヶ月以上、居住年数1年以上と設定している業者が多いようです。不自然だと疑われます。

 

申込みブラック

短期間に多くの消費者金融に申し込むと「何か事情があるな」と察知され審査がシビアになります。1ヶ月以内の申込み件数は3〜4件くらいが限度でしょう。

 

会社への在籍確認

消費者金融は必ず勤務先の会社に在籍確認の連絡をします。もちろん金融会社とは分からないように個人名で友人を装って電話をします。この時会社の電話に誰も出なかったり欠勤が続いているなどと言われてしまうとNGとなります。