紹介屋と整理屋には依頼してはいけない

紹介屋というのは、簡単に説明すると、「借入先を紹介してくれる人」というのが一般的な認識ですが、紹介屋は悪徳業者や闇金融と繋がっていることも多く、詐欺行為をされていることも多いのが特徴です。

 

紹介屋を利用される方の特徴としては、多重債務の方が多く、どうにもならなくなって、普段の生活にも困るという方が多いです。

 

そのような方に融資をしてくれるのが「闇金融」などの、出資法を違反して貸し出しをしているような金融屋になりますので、このような場所を利用すること事態が、犯罪に関わっていることになるので、避けた方が良いでしょう。

 

紹介屋の特徴としては、「融資が受けられる場所を紹介するので、手数料や仲介料を頂きます」というのが流れとなりますので、融資が受けられたのなら、紹介屋に料金を払わないといけない状況になりますが、実際には、紹介屋を通さずとも借りられたことになるので、紹介屋に支払う料金が丸損ということになります。

 

紹介屋というのは、看板を出しているわけでもなく、新聞の折り込み広告や、ダイレクトメール等で自宅に届き、そこから利用者が連絡をしないと、知ることも無いと思われますが、連絡をした結果、「借りられる消費者金融を紹介します」というような流れになるようだと、辞めた方が良いでしょう。

 

次に、整理屋についてですが、整理屋というのは、自分が背負っている債務の整理を助けてくれる業者となっています。

 

近年、借金を整理するために、自己破産や調停の手続きを弁護士や司法書士に頼む方というのが増えていますが、弁護士や司法書士に依頼すると、何十万単位での料金が必要になることがあります。

 

「その料金よりも、かなり低い金額で債務整理をしますよ」というように広告を謳っているのが「整理屋」となります。

 

もちろん、正規の業者ではないので、法的な拘束力も何も持っていませんが、弁護士や司法書士に支払う料金に比べて、格段に安くなっているので、その料金に惹かれ依頼してしまうという方も多いですが、整理屋に債務整理を依頼しても、キチンと債務整理をしてくれるとは限りません。

 

中には、業者との仲介に入るだけで、依頼時の料金をそのまま持ち逃げされたりすることも多く、債務整理のために、カードや通帳を預けて、そのまま好き勝手にやられた上に、何も解決しないままに放り出されるということも少なくないので、整理屋に依頼すると、現状よりも酷くなることは間違いありません。