闇金融の対処法

闇金融の利息は刑罰対象になるほどの高金利、暴金利です。

 

つまり刑罰を科してでもそのような高金利の貸金契約を禁止する法律(出資法)があるわけです。ですからそのような契約が有効なはずはありません当然無効でありその契約に定められた利息を支払う必要はありません。

 

したがってすでに借り入れた元金以上の金額をしはらっている人はこれ以上お金を支払う必要はなく直ちに闇金融業者に対して支払いを断ることです。闇金融の対処法は次のような内容証明郵便を出すことをおすすめします。

 

その契約が出資法に違反する無効な契約でありこれ以上返済する意思がない

 

以後どのような請求も絶対しないように

 

この申し入れに反する行為があった場合には出資法違反の事実を警察等に通告する

 

また払い過ぎの金銭がある場合はその返還を求める事も必要だと思います。警察に闇金融問題に関して相談する場合は民事問題はを解決してもらうことが目的ではなく、闇金融業者からの執拗な取立行為により平穏な生活が妨げられていること(恐喝、強要、脅迫等)から自分や家族の生活を守ってもらうために相談に行くのです。