闇金融の特徴

闇金融の特徴は出資法の上限金利である29.20%という年利の10〜100倍もの金利を取る違法業者で、暴力団関係が運営しているケースです。

 

闇金融は見てのとおり支払えない額の金利を要求し、支払いが滞ると自宅、勤務先、親戚、近所など容赦なく押しかけ脅迫や嫌がらせをしてきます。

 

主な闇金融の特徴は下記の3つです

 

登録番号がない業者

貸金業を営むには法律上、都道府県または財務局の登録許可が必要です。登録許可を受けた業者には
「〜県知事()000****号」
「〜財務局長()00****号」
のような登録番号が割り当てられてます。()の中の数字は3年おきの更新回数を示します。

 

闇金は1〜2年で閉鎖して名前を変えて営業をするため(1)の可能性が極めて高いのです。

 

登録自体無い業者は闇金以外のなにものでもありません。最近では架空の登録番号を記載する業者もいますのであやしいと思ったら金融丁のデータベースで調べるといいですよ。

 

貸金業協会の会員ではない業者

各都道府県には貸金業協会という団体が存在し、消費者金融が個人信用情報機関に加盟するためにはこの貸金業協会に加入しなければいけません。

 

加入している業者には「〜県貸金業協会会員 第*****号」のような会員番号があります。

 

これは任意の加入となってますが出資法の上限金利内で貸金業を営む正常な消費者金融はほとんど加入しています。

 

これも架空の番号を記載している場合もあるので全国の貸金業協会連合会のデータベース調べることをオススメします。

 

「審査なし」「無条件」「どなたでも貸します」という誘い文句

闇金は審査を行わずに貸し付けるためこのような誘い文句を使って客を集めます。

 

そもそも相手を事を調べずに貸すという事ですから普通ではありません。あなたが貸す側でしたらどうでしょうか?公衆電話や公衆トイレ、電柱の広告、ハガキDM、ポスティングなどのチラシには近づかないようにするのが得策です。