借入の審査時に必ず行われる会社の在籍確認

キャッシング会社を利用する際の、審査の段階で、「会社への在籍確認」というものが行われます。

 

これは、申し込みをした利用者が、本当に申し込み時に提出した勤務先に在籍しているかどうかを確認するためのものですので、借入の審査時には、必ず行われることとなります。

 

会社への在籍確認では、消費者金融の担当者が電話での確認をするというのが、一般的な流れとなりますが、この際に、「会社に消費者金融から借りていることを知られたくない」という方は、申し込み時に、担当の方にその旨を伝えておくと、会社名を伏せて在籍確認をしてもらえます。

 

例えば、保険の営業を装って、「○○保険の者ですが、■■様はご在籍でしょうか?」というように、利用者を呼び出してもらえます。

 

ほとんどのケースでは、審査を受けている利用者は席を外しているケースが多くなっているので、「ただいま、■■は席を外しておりますので、伝言を承りましょうか?」というように、会社の者が返答することが多いです。

 

また、消費者金融会社によっては、在籍確認をする時間帯を指定することも出来るので、申込者が対応できる時間帯の方が良ければ、そちらを指定することも可能です。

 

この「会社への在籍確認」ですが、この在籍確認が出来ない場合は、審査に通過することが出来ません。

 

そのため、社内に受付や、電話に出てくれる人が居るということが前提となりますので、会社の営業時間を申し込み時に伝え、対応することができる時間に掛けてもらうことになります。

 

在籍確認で気になるのは「会社に消費者金融を利用していることがバレないか?」ということですが、これは、在籍確認時にバレるということはありませんが、恐らく消費者金融を利用しているのだろうなと思われることはあります。

 

例えば、上記の保険会社を装って在籍確認をするケースでも、申込者が保険に全く関係が無いような人間性の場合、消費者金融であると同僚に見抜かれることが多くなりますので、在籍確認時に会社名などを漏らすということはありませんが、見抜かれる分には仕方ないという状態になります。

 

会社への在籍確認は、必ず行われる審査となっているので、会社に所属していなくて収入があるという方には、借入が断られることも多くなっているので、その点は注意するようにして下さい。

 

在籍確認が取れるという方の場合は、アルバイトやパート、契約社員や派遣社員でも借入ができることが多いので、安心して利用することができます。