自己破産

自己破産とは多額の借金を抱えてしまい、その借金を返済することが出来なくなってしまった人や会社の最終的な精算手続です。

 

貸金業者に支払いができない貸主(債務者)の申立により裁判所が破産申告を言い渡します。

 

自己破産手続きを借金の帳消しと思われる方が多いのですが破産手続きだけでは借金は存在します。手続き後免責手続きを行い「免責決定」を受けて初めて借金がなくなるのです。

 

従って自己破産をするとは免責決定を得ることを指すといっても間違いありません。

 

自己破産のメリット

破産宣告を受けても戸籍や住民票には記載されない。自分から言わなければ会社や身内にも知られることはない。
日常生活に支障はない
借金苦に悩む方なら誰でも自己破産はできる
借金の返済がなくなる

 

自己破産のデメリット

最低5年以上は信用情報機関に登録されます
マイホームや車のローンなどは換価されます
居住などに制限がある

 

このように自己破産は最終的な手段ですので手続きする場合はよく考えてから申請しましょう。自己破産を申立てする前に下記ような窓口に相談するのもいいと思います。